全国トランクルーム情報|トランクル

荷物を預けるのに便利な全国のコンテナ、トランクルームの情報を発信しています!

トランクルームを利用するならココがおススメ!

引っ越しするときに一時的に荷物を預けたい、捨てたくはないけど家にあると邪魔なものの収納スペースを探しているなど、トランクルームは様々な用途で活躍します。

他にも、季節外のものを一時保管しておきたい、会社の備品の保管倉庫としても便利です。

トランクルームとは?

トランクルームとは荷物を預けるロッカーや保管庫のような、役割を果たすスペースのことです。

具体的には不動産事業者が行う事業で、建物内でスペースを仕切る屋内タイプとコンテナなどを改良した屋外タイプの2種類があります。
現在のところ屋内タイプ、屋外タイプのシェアは約半々程度となっています。
注意したいのは、トランクルームは賃貸契約となるため事業者側には物を保管するという義務はありません。
しかし、このサイトで紹介しているような大手の業者は、手厚い補償などいろいろなサービスが付随しているので安心できるところが大きいです。

おすすめトランクルーム

そんなトランクルームを利用するなら「ハローストレージ」がおススメです。

「ハローストレージ」とは?

「家庭用」「企業用」のレンタル倉庫として誕生したトランクルームを提供する会社です。

様々なタイプ・サイズのトランクルームがあり、借りたいときにすぐに使えるます。

トランクルームの室内は、大小のスペースに区画してあり、各種サイズの収納空間をレンタルすることができます。

全国各地のトランクルームが安く、早く、手軽に借りれ、屋内型の部屋とコンテナなどの屋外型の2タイプのトランクルームがあるので、利用する色々な目的に応じて選ぶことができますよ。

▲ホームページは上のボタンをクリック(タップ)

<<ハローストレージはココがすごい!>>

●業界ナンバー1の店舗数

全国に1,000件以上の物件数、60,000室以上のトランクルームを展開しています。

利用したい土地の近くにトランクルームが見つかると思います。

●24時間の警備体制

警備会社「ALSOK」または「セコム」での365日24時間警備体制しかれています。

もちろん場内灯も装備され、舗装もしっかりとしたアスファルトです。

●いつでも好きな時に利用できる

24時間365日、いつでも好きな時間に出入りすることができます。

安心のセキュリティ設備なので、女性でも安心して利用できます。

トランクルーム「ハローストレージ」についてもっと知りたい方は、公式のホームページより電話、またはお問合せフォームより連絡してみてください。

お申し込みの手順、使用方法などわからない点を丁寧に教えてもらえますよ。

▲ホームページは上のボタンをクリック(タップ)

どんな人が利用しているの?

サービスを実際に利用しているユーザーデータを確認してみましょう。
現在の自宅の収納に不満があるか否かのアンケートをとった結果、
実に8割の人が自宅の収納に何らかの不満を持っているようです。
実際にトランクルームを利用するユーザーの動機としては、
「部屋に荷物が入りきらなくなった」というものがトップに位置しています。
手持ちの荷物を収納するスペースが今の家にないことに困って、
トランクルームを利用している人が多いと考えられます。
その次の不満には「部屋を整理したいと思った」が上がり、
以降、「家の修繕リフォーム」、「プライベートな空間の欲しいと思った」、「家族や友人知人から勧められた」、「子供が生まれた大きくなった」などの項目が続きます。

トランクルームに実際に収納したいもののアンケートの結果は、
衣類、書籍、、家具家電などのほかにレジャー用品などがあげられました。
これは、例えばスキーやスノーボードといった趣味の道具を収納している人もいるということです。
トランクルームは頻繁にを使わないけれども捨てられないものを預けるという傾向にあるようです。

利用した人の住まいにすいてのアンケートでは、
マンションアパート住まいの方が8割強と多く、
自宅が手狭になってきたものの、より広い戸建てやマンションに引っ越す予定のない人の利用が多いのではないでしょうか。
主なユーザーの利用エリアについては都市部の利用が多いようです。
これは事業者側が都市部での出店を強めているということも関係しています。
今後も出店ペースの拡大は予想され、また地方都市へ広がっていくということが将来的には考えられます。

利用している人の年齢層についてでは、
結婚や子育てなどのライフスタイルが変化しやすいファミリー層の年代から、
趣味の道具を収納したいという若い世代、
またコレクションるよう保管しておきたいといったニーズの強い中高年層まで、
幅広い世代の方がまんべんなく利用しています。
また男女比は男性6割女性4割で、こちらも万遍ない利用者層となっています。

実際にユーザーがトランクルームを契約するにあたって重視してるポイントは次の通りです。
一番トップにあげられたのが「月額の金額が安いこと」です。
以降、「住まいの近くにあること」、「セキュリティー」、「場所が綺麗かどうか」 、「保管状態(換気空調)」、「20時間出入り可能か」、「信頼のおける事業者か否か」、「通勤通学と利便性の良い場所にあるかどうか」、「荷物の週に配送サービスがある」、「管理人の有無」と続いています。

これらのことから誰でも気軽に利用できるサービスであることがわかります。
利用に関して気になっていること不安に思っていることは、
主に料金、エリア、環境面についての内容が多いことがわかります。
自分の気になるポイントを問い合わせてから利用すると、なお安心ですね。

トランクルーム業者の違い

メインとしては、店舗型が現在主流となっています。
店舗を設けずに宅配型でサービスを展開する形式のトランクルームも増えてきています。

>> 宅配トランクルーム

サービススペックとしてはやはり屋内型メインの「ハローストレージ」が、
全国に幅広く出店しており店舗数も圧倒的な数をほこっており、より身近にサービス展開していることがわかります。
費用面で比較すると人気の1.2畳タイプが最も安いまた補償内容が充実している「ハローストレージ」、
月額以来の諸費用がかからない「キュラーズ」の大手2社が際立っています。
ざっと比較すると長期で借りるならば「ハローストレージ」がお得、
短期的に借りるならばキュラーズがお得という見方ができます。
環境面では屋内タイプが主流の「キュラーズ」がスタッフ常駐など、
屋内タイプならではのサービス展開をしています。
「ハローストレージ」と「キュラーズ」の2社で比較すると、
どちらも駐車場を構えていますが
屋内タイプでは建物内の荷物の持ち運びが発生しますが、
屋外タイプの場合は駐車場からの移動距離が少ないといったメリットがあります。
また「スペースプラス」では、荷物が移動しやすいようにエレベーターを設置している場所があるなどの特徴があります。
屋外型店舗を展開する「ハローストレージ」や「スペースプラス」では、
スペースを利用して屋根付きまたは屋根なしのバイク保管所のサービスを展開し、
月極の二輪車駐車場として利用できます。

街中でよく見るトランクルームもこうして比較してみてみると
それぞれの強みや差別化ポイントがさまざまに異なっていることがわかります。

まず、利用する近くにトランクルームがあることを確認することが先決ですが、
近くに複数のサービスがあった場合には、利用目的に応じて比較検討した方が良さそうですね。

これからのトランクルーム

現在のトランクルームの市場は 530億円といわれています。
これが2020年にはオリンピックやパラリンピックの需要があり、
700億円規模まで広がると考えられています。
これは不動産価格の高騰が起こり、
購入予算に対して買える広さが狭くなることから需要が増えると見込まれています。
2027年には今の約2倍となる1000億円の規模のビジネスに発展すると考えられています。

トランクルーム市場が伸長している要因は大きく二つあります。
一つ目は拠点が拡大していることです。
日本の住宅に占める空き家の割合は約14パーセントとなっており、
空き地や空き家を活用したビジネスが加速しています。
こうした動きがこれまでは三大都市圏が中心でしたが、
それに加えて地方都市へと積極的に展開していことが見込まれます。
拠点の拡大に加え需要も増えてきています。
これによりトランクルームは高い稼働率となってきています。
その背景としては都市部を中心に各社が多くの店舗を出店しているため、
利用者が街中や銀行でトランクルームを目にする機会が増え認知が向上しています。
これにより利用者が富裕層から一般層へと拡大しています。
また断捨離やミニマリストといったトレンドがこのトランクルームの需要を伸ばしています。
断捨離の一環としてレンタル収納を活用するなどの使い方がメディアで取り上げられるようになっており、
日常生活の中で気軽に利用できる身近な存在としてトランクルームが認識され始めています。
地震の対策として、地震に備えて家財道具を家の1カ所に置いておくだけではなく、
トランクルームに移すといったリスク分散の動きも目立っており、
トランクルームを活用する人が増えている状況にあります。

ますます身近になってくるトランクルーム。
実際に利用してみて、その便利さを実感してみてはいかがでしょうか。

公開日:
最終更新日:2016/09/25